えきまえ

     《福崎町駅前観光交流センター》

ふくトピ

【館長だよりvol.8】正平調

2021年3月17日(水)

皆さんは毎日、新聞を読みますか。

私は神戸新聞の1面、左下に毎日掲載されるコラム「正平調」が好きで愛読している。
社会に対して時に厳しく、時に優しく・面白く、感心させられることが大いにある。

私と同じように毎日楽しみにしている御仁も多いと聞いている。
短い文章で、するどい考察、しかも論理的でオチまである。毎日のネタも新鮮でタイムリーだ。(ここまで褒めたら何か…。)

 

◆ところで「正平調」は何と読むのかご存知だろうか。簡単な漢字だけに逆に何と読むのか迷ってしまう。
正解は「せいへいちょう」。「厳正公平」という言葉から名付けられたそうだ。

ずーっと昔、神戸新聞の論説委員の方から聞いた憶えがある。(間違っていたらすいません。)
その時から「厳正公平」という4字熟語は私の中で座右の銘のような存在だ。
私の子供の名前もここから1字いただいた。(これは後付けかな。)

 

◆文章を書くのは難しい。この館長ブログも正平調を手本にさせていただいている。
勝手に使わないでくれとお叱りもなく、お礼申し上げる。

(お礼方々宣伝です。正平調を読み忘れた、もう一度あの日の文章を。という方は神戸新聞NEXTで過去のコラムが読めますよ。
なお4月からサービス拡充、神戸新聞購読者には無料でNEXTが利用できるスタンダードコースや、購読料に月額165円を加えるだけで全コンテンツが利用できるプラスコースが楽しめるようになります。)

 

◆一度、どんなものか読んでみたい方は駅前観光交流センターにあるので一読いただきたい。
タイガースファン必見のデイリーも置いてあるのがうれしい。

◆さて、明日はどんなコラムが掲載されるのか楽しみに。床に就くとしよう。

【文責:今日は正平調風な館長でした。】