えきまえ

     《福崎町駅前観光交流センター》

ふくトピ

【館長だよりvol.1】4月23日はサン・ジョルディの日

2020年4月23日(木)

 まず、新型コロナウイルス感染症の全国的な感染拡大に伴い、政府は4月7日に緊急事態宣言を発令しました。これを受けて観光交流センターでは感染拡大のさらなる防止に向け4月10日から5月6日まで臨時休館しております。

 観光交流センターは福崎町の情報発信拠点として、また多様な人々が集う交流の場として、福崎町の賑わいを創設するために設置された施設です。そのセンターが新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために臨時休館するということは苦渋の判断であったことは言うまでもありません。どうか皆さん察していただきたいと思います。利用者の方々には大変ご迷惑をおかけしておりますがどうかご理解いただきますようお願い申し上げます。

 再開のあかつきには、これまでにもまして、皆様に愛されるセンターとして運営してまいりたいと思います。

 皆さんは首相官邸に「隆熾(りゅうし)」という書があるのをご存知でしょうか。今現在あるのかどうかわかりませんが、私は一度だけ見たことがあります。安倍さんに「何ていう意味なん?」と聞けず、後で調べてみると「赤々と燃え盛る火のように物事に強い姿勢で対処していく」という意味だそうです。今まさに隆熾のとき、共にがんばりましょう。

 さて、2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデー。すっかり日本の文化として根付いているようですが、4月23日は何の日かご存知でしょうか。

 この日は、男性は女性に1本の薔薇の花を、女性は男性に1冊の本を、大切な人に贈る日なのです。スペインのバルセロナを中心とするカタルーニャ地方で始まった伝統的な風習・お祭りです。カタルーニャ地方の守護聖人である騎士サン・ジョルディの伝説に由来するためこの名前が付けられたそうです。

 また、この日はユネスコにより「世界本の日」に指定され、現在では国連の国際デー「世界図書・著作権デー」に指定されています。

 皆さんもこの機会に、自宅で薔薇の花を愛でながら本を手にとってみてはいかがでしょうか。              【文責:辻川交流センター館長】